こんにちは。引っ越ししてから身の回りのお金関係を少し見直してます。その中で、少し前に話題になった電力自由化について、この機会に考えてみましたよ。調べていくうちに、H.I.Sの電力会社である「HTBエナジー」の場合、30アンペア以上であれば、シンプルに誰でも5%オフになることがわかりました。

HTBエナジーについて

HTBエナジーは国内トップの大手旅行代理店H.I.Sの関連会社で、ハウステンボスへの電力供給も行っている会社です。大企業の系列であり、新電力の中でも自社の発電設備を持っているので、信頼できる会社だと思います。

電力自由化で選べる会社の中には、料金プランが複雑だったり、加入条件があったり、電力使用量が少ないと逆に損をしてしまう会社も多いですが、HTBエナジーの場合は30アンペア以上であれば、東京電力などの普通の地域電力会社と比べて、シンプルに誰でも5%オフというのが非常に魅力的です。

電力自由化と言っても、今まで通り、東京電力などの地域電力会社の送電網を使って電気が送られてくるので、電気の信頼性と品質は変わらなくて、停電しやすいとかないですよ。なので、電気の品質が変わらなければ、できるだけ安く節約した方がいいですよね。HTBエナジーでは基本料金も従量制料金も5%オフで、毎月の節約は数百円レベルだとしてもチリも積もれば大きくなりますよ。

HTBエナジーの一般家庭向けの低圧サービスである「たのしいでんき」では、地域によってプラン名が異なっていて、東京の場合は「大江戸プラン」、北海道の場合は「かにプラン」などとてもユニークです。

料金の支払い方法もクレジットカードだけでなく、口座振替もあるのでクレジットカードを持っていない方でも安心です。

私もさっそくインターネットからHTBエナジーに申し込みました。申し込む際には電力会社の電気使用量のお知らせの紙を用意しておくとスムーズに入力できましたよ。

HTBエナジーへのお申込は、下記のページからどうぞ~。
◆一律5%割引のシンプルプランが大好評! H.I.S.でんきで「オトク」◆

また、他の電力会社も合わせて比較したいという場合は、国内最大級の電力比較サイトであるエネチェンジもおすすめです。自分の住んでいる地域と電力使用量を元に、お得な電力会社・プランを検索することができます。各会社のポイントやセット割引、解約金の有無などもまとめて表示されるので非常にわかりやすかったです。

まとめ

私はHTBエナジーの電気代5%オフで節約していきたいと思います。シンプルな5%オフというのは非常にいいですね。実際に申し込んで数ヶ月経ちましたが、Webで見られる明細書で基本料金や従量制料金が東電と比べて5%安くなっていて、節約できているのを実感しています。

注意点としては、20A以下の契約であったり、季節別/時間帯別電灯・深夜電力・オール電化などの人は申し込みできないことです。特に一人暮らしなどでは20Aのことも多いかと思います(私も引越し前は20Aでした。エアコンと他の電気機器を同時に使う人はブレーカーが落ちないように30Aの契約がいいですよ)。

また、解約時の違約金についてですが、契約期間はHTBエナジーの電力供給開始の日から1年間なので、1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生してします。ですが、1年以上利用すれば、そこから先は契約更新月にかかわらず違約金がかからないので良いですね。