2017/12/7に突然、チケットキャンプ(以下、チケキャン)のサービス一時停止が発表されました。その理由や今後について、そして、ライブチケットを売買するためのチケキャンの替わりになるサービスについて考えてみます。

チケキャンのサービス一時停止

チケキャンのサービス一時停止についての文書をキャプチャしておきました。発表と同じ日に急にサービス自体も一時停止されました。また、再開時期は未定とのことで、本当に再開するかどうかも怪しい気がしています。このブログでもチケキャンのアフィリエイトを使っていたのですが、そのアフィリエイトプログラムは一時停止ではなく終了してしまったこともあり、個人的には今後のチケキャンの行方は非常に厳しいのかなと思っています。
チケキャンのリリース文書

チケキャン一時停止の理由ですが、ネット上で調べた感じでは、チケキャンはジャニーズからみでの商標権でトラブっていたようですね。チケット転売うんぬんとは別の所でサービス停止まで追い込まれてしまったと言えます。

チケキャンの替わりとなるサービス

チケキャンが当分再開しそうにないということで、ライブチケット売買をするための代わりのサービスを考えておいたほうが良さそうです。

現在、ライブチケットを個人間取引をするWebサービスには次の3タイプが考えられます。

  • チケットに限らないフリーマーケット型(メルカリなど)
  • チケットに特化したフリーマーケット型(チケキャンなど)
  • オークション(ヤフオク、モバオクなど)

オークションだと値段がどんどん上がっていって、いついくらで買えるかわからなかったりするので、チケキャンと同様に売り手が設定した値段でチケットを買えるような、フリーマーケット型のサービスがチケキャンの代わりとしてはいいのかなと思います。

今流行のフリーマーケットのWebサービスと言えばメルカリですが、メルカリは現金を売る出品が問題になったりして、出品可能な品物の制限が厳しくなってきています(メルカリの禁止されている出品物)。現金への換金がしやすい金券や割引券だけでなく、転売目的のチケットも出品不可能になってしまいました。なので、定価(+手数料)より高額になるようなライブチケットの売買は難しいと言えます。

したがって、チケット売買がしやすいチケキャンのようなチケットに特化したサービスを探したほうが良さそうです。チケキャンと似たサービスとしては、チケットストリートチケット流通センターがあります。

チケットストリートとチケット流通センターの気になる手数料は以下のようになっています。

チケットストリートの手数料・・・売り手は出品料無料、買い手は400円(8,000円以下の場合)または5%(8,001円以上の場合)

チケット流通センターの手数料・・・売り手が820円(8,000円以下の場合)または売価の10.26%(8001円以上の場合)、買い手は432円(1~10,000円の場合)、756円(10,001円~30,000円の場合)、3.24%(30,001円以上の場合)

売り手も買い手もチケットストリートの方が手数料が安いと言えますね。ただ、チケキャンは買い手側の手数料が無料でしたが、チケットストリートは売り手側の手数料無料で買い手側が手数料負担ありとなっており、チケットストリートの方が売り手有利な手数料体系です。とは言ってもそんなに高くない手数料ですし、ぴあやイープラスのような公式的なチケット購入時の手数料と同じぐらいですよね笑。

おわりに

私もチケット高額転売についてはNOという考えなんですが、チケキャンで定価割れのチケットを買ってライブに行くというような楽しみ方をしていたこともあり、チケキャンのサービス一時停止は少し痛いです。今度からはチケットストリートを使うことにしてみます。行けなくなったライブチケットを定価or安価で他の人に譲ることができる仕組みができてほしいなと思います。