2017/12/7に突然、チケットキャンプ(以下、チケキャン)のサービス一時停止が発表されました。その理由や今後について、そして、ライブチケットを売買するためのチケキャンの替わりになるサービスについて考えてみます。
追記・・・後日、チケキャンはそのまま完全にサービス終了することになりました。

チケキャンのサービス一時停止

チケキャンのサービス一時停止についての文書をキャプチャしておきました。発表と同じ日に急にサービス自体も一時停止されました。また、再開時期は未定とのことで、本当に再開するかどうかも怪しい気がしています。このブログでは以前チケキャンのアフィリエイトを使っていたのですが、そのアフィリエイトプログラムは一時停止ではなく終了してしまったこともあり、個人的には今後のチケキャンの行方は非常に厳しいのかなと思っています。
チケキャンのリリース文書

チケキャン一時停止の理由ですが、ネット上で調べた感じでは、チケキャンは権利関係に非常に厳しいジャニーズ関係での商標権でトラブっていたようです。チケット転売の良し悪しとは別の原因でサービス停止まで追い込まれてしまったと言えるのではないでしょうか。

チケキャンの替わりとなるサービス

チケキャンが当分再開しそうにないということで、ライブチケット売買をするための代わりのサービスを考えておいたほうが良さそうです。

現在、ライブチケットを個人間で取引をする方法としては次の5パターンが考えられます。

  1. オークション(ヤフオク、モバオクなど)
  2. チケットに限らない総合的なフリーマーケット型(メルカリなど)
  3. チケットに特化したフリーマーケット型(チケキャンなど)
  4. 公式のチケットリセール(チケトレなど)
  5. Twitterでチケット譲りますという人を探したり、チケット譲ってくださいというツイートをする(チケボ)

1つ目のヤフオクなどのオークション形式の場合、値段がどんどん上がっていくし、いついくらで買えるか確定しなくて、ライブに行けないか不安になりますよね。

また、2つ目に挙げた総合的なフリーマーケット型のWebサービスと言えば、メルカリが流行してますが、メルカリは現金を売る出品が問題になったりして、出品可能な品物の制限が厳しくなってきています(メルカリの禁止されている出品物)。現金への換金がしやすい金券や割引券だけでなく、転売目的のチケットも出品不可能になってしまいました。なので、定価(+手数料)より高額になるようなライブチケットの売買は難しいと言えます。メルカリは株式上場したこともあり、グレーな取引が取り締まられる方向に進むのは間違いないと思ってます。

4つ目に挙げた、音楽業界公認のチケットリセールサービス「チケトレ」ですが、チケット転売のことを快く思ってない方でも抵抗感なく使えると思います。チケット定価での取引ですし、入場時のチェックにも引っ掛らないそうなので安心感はかなり高いです。ですが、売られているチケットの枚数が少ないですし、手数料がかなりかかります(チケトレの場合、取引手数料が売り手も買い手も10%、システム手数料が売り手380円、買い手3%)。普通にぴあやイープラスやローチケでチケットを買うときに各種手数料で1000円ぐらい上乗せされてしまうのと似てますね。

したがって、チケキャンと同様に、売り手が設定した値段ですぐにチケットを買えて、チケット売買がしやすいという理由から、チケキャンのようなチケットに特化したフリーマーケット型のWebサービスが、やっぱりチケキャンの代わりとして適していると思います。

チケキャンと似たWebサービスとしては、チケットストリート(チケスト)やチケット流通センター(チケ流)が代表的です。流通しているチケットの枚数の多さ的にもこの2つのサービスが良さそうです。チケットやお金のやり取りの仕組みも整えられていて、TwitterなどのSNSで知らない人と売買するよりもはるかに安心だと思います。

また、チケット代金の他にかかる手数料も気になるところですよね。チケットストリートとチケット流通センターの手数料について、公式サイトを見てまとめました。
※2018/6/15時点で確認した値段です。最新では異なる可能性があります。

チケットストリートの手数料・・・売り手は出品料無料、買い手は400円(税別、8,000円以下の場合)または5%(税別、8,001円以上の場合)

チケット流通センターの手数料・・・売り手は売価の10.26%(8,500円以上の場合)、または、820円(8,000円以下の場合)。買い手は432円(1~10,000円の場合)、756円(10,001円~30,000円の場合)、3.24%(30,001円以上の場合)

したがって、手数料を比較すると、以下のようになります。

買い手側・・・チケストもチケ流も同じぐらい手数料は安いが(チケトレと比べて)、15000円以上もするような超高額チケットを買う場合はチケストよりもチケ流の方が安くなっていく。

売り手側・・・チケストの方が手数料が安い(売上をAmazonギフトでの支払いにすると振込手数料500円(税別)もかからない)。チケットを譲るなら【チケスト】ですね。

ちなみに、チケキャンは買い手側の手数料が無料で、売り手側に手数料がかかってました。チケットストリートは売り手有利な手数料体系ですが、その分チケットがたくさん出品されやすいということでもありますし、売り手側も元が取れるラインが下がるので、その分だけ値段も安くしてくれそうです。定価程度で売られているチケットならば、手数料もそんなに高くならないです。むしろ公式のチケトレの方が手数料が高いぐらいです。

それにしても、ぴあやイープラスやローチケのような公式な一次販売でのチケット購入でも、先行手数料、システム手数料、発券手数料、決済手数料、送料などで合わせると1000円以上も上乗せしてかかってしまうのは、いかがなものかと思っていますよ笑。

チケット2次売買方法の比較表

チケット2次売買方法の比較表を作ってみました。結論としては、ライブ入場時の本人確認がガチガチな場合を除いては、チケットストリートかチケット流通センターが良いと思います。私としては、チケットストリートの方が売り手側の手数料が無料な分だけ、在庫が豊富で値段も安くなりそうでおすすめです。

サービス名 チケット価格 買い手手数料 売り手手数料 入手しやすさ 安心感(取引) 安心感(入場)
メルカリ 300円~定価以上
ヤフオク 1円~定価以上
チケットストリート 1円~定価以上
チケット流通センター 2000円~定価以上
チケトレ 定価 ×
twitterの知らない人 定価+手数料なことが多い ×

おわりに

私もチケット高額転売についてはNOという考えなんですが、チケキャンで定価割れのチケットを買ってライブに行くというような楽しみ方をしたこともあり、チケキャンのサービス一時停止は少し痛いです。今度からはチケットストリートを使うことにしてみます。

行けなくなったライブチケットを定価or安価で他の人に譲ることができる仕組みができてほしいです。興行主の方はチケットさえ売れれば空席ができても金銭的には儲かるはずですけど(グッズの売れ行きは悪くなりそうですが)、ステージにあがるアーティストの皆様は空席を見てさみしく感じると思うんですよね。