先日書いたように、1月にSIMフリーの格安スマホ「Acer Liquid Z530」を買って、mineoのDプラン(データ通信のみ)に加入しました。使い始めて約1か月経ったので(書く暇がなかっただけという説もある)、感想とレビューを書いてみますよ。

2016/7/16追記・・・Android版の艦これの動作について書きました。
2016/7/24追記・・・ポケモンGOの動作について書きました。

acer-liquid-z530

Acer Liquid Z530を1か月使った感想

デザイン

Liquid Z530の色には白と黒があるのですが、私は黒にしました。裏面はプラスティックですが横に線が入っている加工(ヘアライン加工)がされていて、つるつるしておらずツヤもないです。2万円前後の同価格帯でライバル機種のFREETEL MIYABIと違って、指紋などが目立たなくていいですね。

質感も高価なiPhone6sと比べたら流石に劣りますが、そんなに安っぽくないですよ。

丸みを帯びたフォルムで薄いので、5インチの割には持ちやすくて、そんなに大きさと重さを感じさせません。ただ、ちょっと滑るので、特に屋外で写真を撮る時は気を使います。

操作性

私はNova Launcherを使っているのですが、ヌルサクです。レスポンスも良くて、非常に快適でスマホ操作が楽しくなります。標準のホームアプリはデザインも良くなくて使いづらそうだったので、Nova Launcherなどをインストールするのがおすすめです。

文字変換はGoogle日本語入力をインストールしているのですが、私はフリック入力をできないので、Godanキーボードを使ってローマ字入力をしています。変換もスムーズで非常にいいと思います。

重いゲームアプリとかは使っていないのでわからないですが、普通のSNSや動画アプリなどを使う分には全く問題のない性能ですね。やっぱりメモリ2GB以上の機種を選ぶというのは重要かも。

2016/7/16追記・・・Android版の艦これをインストールしてみました。PCで遊ぶのと同じように普通に動作しました。電車の中で遠征に出したりできてますよ。

2016/7/24追記・・・・2016/7/22に日本でもリリースされた話題の「ポケモンGO」。私もさっそくliquid z530にインストールして遊んでみました。z530にジャイロセンサーが付いていないため、ARモードは使えませんでしたが、それ以外は普通に動いている感じです(他の端末と比較できてはいませんが)。

室内だとGPSがずれてたり、GPSがつながらなくて遊べないこともありましたが、屋外では快適に遊べましたよ。ARモードでないせいなのか、ネットの動画で見たアメリカ人がポケモンに向かって走っていく感覚はよくわからなかったけど。

一点気になったのは、Googleプレイの自動アップデートをONにしてたせいで、戦闘中に自動アプデが走ってしまったときに、モンスターボールがポケモンまで全然届かなくなったことです。一瞬タッチパネルが壊れたのかと焦りましたよ・・・。ポケモンGOをするならアプリの自動アップデートはOFFが良いと思います。

画面表示

ディスプレイはガラスフィルムを貼って使っています。操作のなめらかさも良くて、表示も綺麗で、前に使ってたスマホ(HTC ISW13HT)と比べると全然違います。

標準でブルーライトカット機能も付いているので、目にも優しいですね。

バッテリー

バッテリーについてはまだ設定の試行錯誤中なのですが、寝てる間に充電して、その日は朝から夜まで1日電池持つ感じですね。昼休みや電車の中でスマホいじっていることが多いです。

ちなみに、私が使っているアプリで電池使用量が多いのは、Twitter、SmartNews、Google Chrome、Nova Launcher、ジョルテ(ウィジェット使用)、Googleアプリ(Google Nowのウィジェット使用)、Gmail、メルカリ、Google Playニューススタンドなどです。裏で色々動いていて怪しいFacebookはアンイストールしました。あまりアプリを使わない人だったらもう少し電池持つかと思います。

また、タイマーで自動的に電源ON/OFFができるので、寝てる間は電源OFFにしておくこともできます。裏蓋を外して、バッテリーを交換することも可能なので、長く使えそうですね。

裏蓋を外すコツですが、爪でちょっと蓋と本体の間に隙間を開けて、その隙間にクレジットカードや運転免許書などのプラスチックのカードを入れて、蓋と本体の隙間を一周させてあげると、蓋を外しやすいです。

Acer Liquid Z530で撮った写真

ネット上でこのスマホのカメラはあまり良くないというような話も見ました。とりあえず、自分が標準のカメラアプリで撮った写真を載せておきますね。夕焼け時に近所の海沿いに行ってみましたよ。トリミングとリサイズ以外は編集してません。

夕方の干潟湾1

夕方の干潟湾2

関東学院大学前の夕焼け

風景の写真を撮ってみましたが、夕焼け空のグラデーションもきれいに写っているし、スマホとしてはこんなもんなんじゃないでしょうか。Instagramに載せるレベルの写真は十分撮れると思います。フロントカメラも800万画素あるので自撮りに向いていそうですが、私の自撮りを載せても仕方ないので、自撮りの作例はありません笑。ちょっと暗めに写るような気もしないでもないです。可愛く見せたい場合はアプリでの加工も頑張った方がいいかもしれませんね。

カメラは決して悪いというわけではないと思うのですが、室内(あまり明るくないところ)での接写でピント合わせにクセがある感じがします。最近だいぶ慣れてきました。

女子の自撮りの例はこちらのサイトにありますね→iPhone女子がAndroidに挑戦!2万円台で買えるSIMフリーの格安スマホ「Acer Liquid Z530」を使ってみた【レビュー】

個人的な考えですが、一般的にスマホでは光学ズームできませんし、本格的に写真を撮りたい場合はデジカメを買ったほうがいいと思います。特に可愛い我が子の写真を撮って残したいという場合でしたら、カメラをケチらずに一眼レフを買ってしまいましょう。

追記・・・私の環境ではinstagramのカメラだとうまくピントが合わなかったりして綺麗に撮れないです。なので標準のカメラアプリで写真を撮って、それをインスタで開いて投稿するようにしてます。メルカリのカメラでも同じような感じでした・・・。

Acer Liquid Z530の注意点

ここまで書いてきたようにAcer Liquid Z530はとても良いSIMフリースマホだと思うのですが、いくつか注意点もあるので、書いておきますね。

1つ目はデザインのところでも書きましたが、滑って落としやすいということですね。iPhoneと違って対応するカバーも少ないし、気をつけてくださいとしか言いようが無いです。

2つ目は電子コンパスがないことです(GPSはあります)。なので、Googleマップなどの地図アプリで自分の進行方向を上にすることができないんですよね。スマホアプリに頼って知らない土地を歩くと、どっちに向かっているかわからなくなるかも。

3つ目は書くまでもないことかもしれませんが、ほとんどのAndroidのSIMフリースマホと同様に、au系のMVNO(つまり、mineoのAプランとUQ Mobile)では使えないことですね。ドコモ系のMVNOなら多分大丈夫かと思います(私はmineoのDプランで使えています)。

Acer Liquid Z530の主なスペック

ディスプレイ:5インチHD(1280×720)IPS液晶
CPU:MediaTek MT6735(1.3GHz×4)
メモリ:2GB RAM、16GB ROM
対応メモリーカード:microSDHC
背面カメラ:800万画素
フロントカメラ:800万画素、広角86度
防水・防塵:なし
バッテリー容量:2420mAh
センサータイプ:アンビエントライトセンサー、加速度センサー、近接センサー
SIMカード:マイクロSIM×1
OS:Android 5.1 Lollipop
対応バンド:(LTE)B1、B3、B19、B21、B28 (W-CDMA)B1、B9、B19、B6
その他:ハイレゾ対応、FMチューナー、Bluetooth 4.0、テザリング、GPS

まとめ

AcerのLiquid Z530はコスパも良くて(私はamazonで約22000円で買いました)、デザインと操作性も良くて、快適に使えるSIMフリースマホと言えますね。SIMフリー機の中でも地味でマイナーなメーカーですが、自分で1か月使ってみても、こうやって人におすすめできるスマホだと思います。通なら知っている隠れた名機と言っても過言ではないでしょう。