こんばんは。2016年12月からモバイルルーターHWD15を、格安スマホ(MVNO)のmineo(auプラン)で運用し始めました。モバイルルーター×格安SIM(MVNO)についての利点や注意点などを書いてみたいと思います。

うちのインターネット環境

最初にうちのインターネット環境について少し説明しておきます。モバイルルーターをmineoに変更前はこんな感じでした。

  • 家のインターネット・・・モバイルルーターHWD15(wimax2+、古い契約なので通信量無制限)
  • スマホ・・・格安スマホAcer Liquid Z530とmineo(ドコモプラン、500MB)

2016年12月でwimax2+の2年縛りが切れて、更新後は同じプランにできず値上がりしてしまうため、困っていました。ですが、モバイルルーターHWD15はmineoのSIMカードで通信できるということを知っていたので、wimax2+の契約更新はやめてmineoを契約しました。

mineoのサイトにもauプラン(Aプラン)のmicroSIMカードでau版HWD15は使えると書いてあります。ただ、UQ版は動作確認できてませんと書いてありますが、マイネ王の書き込みを見てるとUQ版でも使えるようです(実際に私も使えました)。

参考・・・
auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)
Wi-Fiルーター Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15【au版】 ネットワーク設定手順|mineoユーザーサポート

で、モバイルルーターをmineoに変更後、こうなりました。合わせてスマホの方の通信量も変更してます。

  • 家のインターネット・・・モバイルルーターHWD15(mineo(auプラン、10GB))
  • スマホ・・・格安スマホAcer Liquid Z530とmineo(ドコモプラン、3GB)

月々の料金的にも少し減って、通信費の節約にもなりましたよ。
変更前・・・3218円(wimax2+)+759円(mineo Dプラン データ通信のみ500MB)=3977円
変更後・・・2724円(mineo Aプラン データ通信のみ10GB)+975円(mineo Dプラン データ通信のみ3GB)-50円×2(mineoの複数回線割)=3599円
(ユニバーサルサービス料と消費税含む。消費税の計算順序で数円の誤差あったらごめんなさい)

※mineoとモバイルルータの話と関係なくて混乱してしまうのでここまで書いてませんが、この他に通話とwifi接続でしか使っていないauの携帯を持ってます。なので、うちの通信費はあと1000円ぐらい高いです。。。

モバイルルーターとmineoの組み合わせの利点

モバイルルーターにmineoを組み合わせるときの利点は下記になります。1点目と2点目はmineoに限らず、他のMVNOにも当てはまるかなと思います。

  • wimax2+よりもMVNOで使えるLTEの方が、エリアが広くて建物の中でもつながりやすい
  • wimax2+よりもMVNOのデータ通信のみのプランの方が、月々の料金が安くなることが多い(激安なwimax2+の契約ができればわからないです)
  • スマホもmineoで合わせていると、通信量の制限を合計できる(パケットシェア)。auとdocomoのSIMカード両方で合わせられるのはmineoならではだと思います。
  • スマホもmineoで合わせていると、1回線あたり50円引きになる(家族割または複数回線割)
  • 月末にパケットが無くなった時に月1GBまで助け合うサービス(フリータンク)

ドコモ用のSIMカードで使えるモバイルルーターであれば、mineo以外でもいいのかと思いますが、今回の私のようにドコモとauの複数回線使うときはmineoがおすすめだと思います。

ほとんどのMVNOはドコモのネットワークを使っているみたいですし(有名なところだとauのネットワークを使っているのはmineoUQ mobileぐらい?)。



モバイルルーターを格安SIM(MVNO)で使うときの注意点

今まではwimax2+で通信量無制限に使っていたので、PCでのパケ代節約とか全く考えていなかったのですが、これからはPCでも通信量を節約していかないと非常にマズいということがわかりました。モバイルルーターを格安SIM(MVNO)で使うときの注意点をいくつかあげてみます。

1.OSやアプリのアップデート

私は家のPCがWindows10で、iPad miniとandroidのスマホも持っているのですが、windows updateやアプリのアップデートをすると、数百MB単位で消費してしまいます。windows10のwindows updateは手動でできないので低速モードで実施することもできないです。諦めてある程度多めの通信量のプランにするしかないですね。

Windows10のinside previewは入ってしまうとOSの更新が頻繁にあるので入らないほうがいいと思います。実はmineoに変更する前に入っていたのですが、inside previewをやめるときにOS再インストールせざるを得なくなってしまって、すごく大変でした・・・。

2.低速モードだと画像や動画やクラウドストレージが厳しい

mineoの低速モードは200kbpsで接続最初だけブーストありですけど、やっぱり画像の多いサイトやYoutubeなどの動画を見るのは厳しいです。また、最近はInstagramだけでなくTwitterでも画像や動画が多いです。

あとはdropbox、google drive、onedriveなどのクラウドストレージに画像などのサイズの多いファイルを置いている場合、同期するのに時間がかかってしまいます。スマホで撮った写真をすべてdropboxなどで保存するという使い方は難しくなりますね。

私はデフォルトでは低速モードにしておいて、高速じゃないとやってられないときだけ低速モードをOFFにするように気をつけてます。

3.自動的に通信するソフトウェア

私はPCのTwitterクライアントでTweetdeckを使っているのですが、自動でTLを読み込むため、低速モードOFFにして放ったらかしにしていると、パケット消費がやばくなります。このような自動的に通信し続けるソフトウェアの通信量は要注意ですね。自動で動画を再生しない設定にすることと、PCでもスマホやタブレットみたいに一定時間操作しないときはスリープや休止状態にした方がいいです

4.facebookはアンインストールした

バックグラウンドで通信してパケットと電池を消費するということで悪名高いfacebookですが、定期的に100MBぐらいのアプリのアップデートもあるし、facebookはアンインストールしました。たまにPCのブラウザで見るぐらいにしておきます。facebookのリア充的な空間は私にはあまり合わなかったので、もうほとんど使ってなかったのですが。おしゃれ写真をアップしないといけない(わけではないけど・・・)instagramも使い方に悩んでいたりしますが・・・。

終わりに

今までPCでは無制限でインターネットを使っていたのですが、通信量を気にしたり低速モードで我慢しながらPC使うのは少しストレス貯まりますね。。。でも、無制限でインターネットを使うには光やケーブルテレビなどの固定回線を引くか、wimax2+のギガ放題に入るしかなくて、お値段高くなってしまいますよね、たぶん。

通信量の節約に工夫を重ねていきつつ、PCでも通信量制限ある生活に慣れるようにがんばりますね。mineoおすすめですよー。