こんにちはー。takkaaaaa(@butterfly_2100)です。観葉植物だけではなくて、食べられる野菜か果物も育てたくなってきたところです。私は一応、歌手のaikoさんのファンなので、育てるならやっぱりミニトマトのアイコかなぁと思いながら、いろいろと調べてみましたよ。

何を育ててみることにしたか?

まず前提として私の家の環境について書いておきますね。場所は横浜市と横須賀市の間にある小さな町に住んでいます。関東の中でも比較的温暖な気候かと思います。家は集合住宅でベランダはないけど、窓からの日当たりはかなり良い方ですね。

で、ミニトマトはアイコさんに限らないのですが、日当たりが良いところが適しているみたいで、室内で育てるのは相当厳しいとインターネット情報を見ててわかりました。ミニトマトは人気の作物だけど室内は厳しいのかぁ・・・と諦めかけてたその時、観賞用、兼、食用の「レジナ」という品種だと室内でも育てられるというのを見かけまして、これだ!と思ってミニトマトの「レジナ」に決定しましたよ!

レジナの特徴ですが、草丈が15~20cmぐらいにしかならず、支柱も不要で鉢植えで育てやすいそうです。でも、ミニトマトの実のお味はそれほど美味しくないらしいですね。。。大体の時期の目安としては、種の植え時が3~4月、収穫期が7~10月だそうです。種の袋の説明書きの写真をあげておきますね。
レジナの種の袋の裏側

サカタのタネの「キッチンベジ タネまきはじめてセット」

近所のホームセンターにはレジナが置いてなかったので、東神奈川にある「サカタのタネ ガーデンセンター横浜」に行ってみました。

ガーデンセンター横浜は初めて行ったけど、すごいですねー。花も観葉植物も野菜も充実してます。植木鉢、土、肥料などもたくさん売ってますし、困ったときはここに来ようと思いましたよ。アイコさんの苗もたくさん置いてあって、aikoファン的に一人で喜んでいました笑。

ガーデンセンター横浜の奥のほうに別の小さな建物があって、そこに野菜の種が置いてありました。最初はレジナの種だけ買って帰って、植木鉢とか土はダイソーで100円のやつにしようかなと思っていたのですが、「キッチンベジ タネまきはじめてセット」というのが置いてあって、鉢、土、肥料がセットになっていました。値段的にも998円で手頃だったのでこっちを買ってしまいました(写真は家に帰ってから撮ったものです)。

サカタのタネのキッチンベジタブルタネまきはじめてセットはじめてセットの鉢を横から見たところ

特価品というシールが貼ってありますが、後でサカタのタネの通販サイトを見てみると、
サカタのタネっと キッチンベジ(R) タネまきはじめてセット ミニトマト レジナ: 栽培キット・栽培セット|サカタのタネ直営店ガーデンセンター横浜が運営する園芸ネットショップ

880円で売ってる\(^o^)/

ちょっとショックを受けたけど、セットになっている内容がちょっと違いますね。鉢の大きさが私の買ったもの(6号丸型プランター)のほうが大きいですね。それに伴って、たぶん土の量も多いはずです(私のは4L)。でも鉢底ネットは私のには付いてこなかったよ!

私の買ったミニトマトレジナはじめてセットの内容物はこちらになります。まずはレジナの種、肥料のプロミック、レジナの植え方と育て方が書いてある説明書ですね。この説明書が親切にわかりやすく書いてあって、これなら野菜作るの初めてな私にも育てられるかも!と思わせてくれました。
レジナの種と肥料のプロミックと説明書

サカタのタネ ガーデンセンターオリジナルの培養土(4L)です。種まきから使えるように肥料分を少なくしてあるそうです。あの「サカタのタネ」直営店オリジナルの土なので、土の配合とかもよく考えられているのだろうと期待してますよ!
はじめてセットの培養土

ミニトマト「レジナ」の種を植えてみました

さっそく、説明書にしたがって、ミニトマト「レジナ」の種を植えてみました。説明書には書いていなかったですが、観葉植物を植えた時に余っていた鉢底石があったので、良かれと思って入れておきました。こういう勝手なことをしたせいで上手く育たなかったりしてね笑。あと、種はたくさん余ったので、ジップロックに種と乾燥剤(お煎餅の袋から奪い取りました)を入れて”冷蔵庫”で保管しておこうと思います。
レジナの種を鉢に植えたところ

お皿に水が出るまで霧吹きで水をあげるのに疲れました。写真を撮った後にお皿の水はちゃんと捨てたので安心してくださいね。ちなみに、今回は名前も付けてしまいました。ミニトマトのaikoちゃんという名前にしましたよ。アイコではなくてレジナですけどね!