こんにちは、今日は株主優待ネタを書きます。

オリックスから株主優待のカタログギフト(ふるさと優待Aコース)が届きました。2021年3月末に権利獲得した分になります。

今回は3年以上継続保有の条件に該当するようになったので、ついにAコースのカタログギフトになりました。

Aコースのカタログギフトを見てみた感想を書いておきますね。

オリックス株主優待表紙

オリックスの株主優待カタログギフトAコース

詳しくはオリックスの公式サイトの株主優待ページも参照していただけると良いと思います。

年1回3月末の権利取得で、Aコースが3年以上継続保有(100株以上)、Bコースが3年未満(100株以上)のコースになりますが、両方とも公式サイトからカタログの内容を見ることができます。
2021年ふるさと優待Aコース(PDF)
2021年ふるさと優待Bコース(PDF)

初のAコースをカタログを見てみた感想としては、

  • 全体的に高級品
  • 牛肉(すき焼き・焼肉)、お酒、うなぎ、カニが多い
  • Bコースにあったオオサンショウウオやペンギンのぬいぐるみが無い
  • お肉の量も多い

と言ったところでしょうか。

超大企業がやっているカタログギフト株主優待としてはKDDIも有名で、オリックスと両方保有している人も多そうですが(私もです)、KDDI5年以上継続保有(100株以上~1000株未満)よりオリックスのAコースの方が豪華だと思いました。

Aコースが何円分か気になりますが、10000円ぐらいの金額に相当しそうです。自社のものなので割り引いて考えたほうがいいかもしれませんが、オリックス野球観戦ご利用券がAコースは1万円分、Bコースは5千円分ですね。お米もBコースだと5kgですがAコースだと10kgで2倍になってます。

ちなみに、KDDI5年以上継続保有(100株以上~1000株未満)は5000円相当と書いてありました。株価的にもオリックスの方が全然安く購入できます(2021年7月2日時点で、KDDIは1株3,444円、オリックスは1株1,898円)。

今回、何を申し込もうか迷ったのですが、すき焼きの肉の量が500グラムぐらいあって、一人暮らしだと1回で食べきるのがきつそうだったので、2回に分けて作れそうな「水たきセット(〈博多華味鳥〉5~6人前)」を選びました。

はがきとWebのどちらかから申し込みすることができて、はがきだと第2希望になる可能性もあります。Webからだとアンケートへの記入がありますが、第1希望のみの選択で到着希望日も選べました。

一緒に送られてきた冊子も見てみました。オリックスはコロナの影響を受ける事業(航空機リース、ホテル、レンタカーなど)が多いせいかもしれませんが、「サスティナブル」(持続可能性)を重視していることがわかりました。色々な事業に分散されていて全滅するというのは無いと思うので、配当や優待も持続していってくれるといいですね。

おわりに

3月末権利取得の株主優待カタログギフトを複数持っているので、被らないように選ぶのに気を使うようになってきました笑。コスパとか考えないで、直感で欲しい物を選ぶと幸せになれると思います。

鍋もの系の食品を選ぶ場合、9月末権利取得で冬に届くぐらいな方が季節的にもいいのかもしれませんね。

ブログを書きながらBコースのギフト内容を見ていて気づいたのですが、Bコースにも量は減るけど水炊きセットがあるのは見なかったことにします笑。

あと、Bコースの方が1個あたりの豪華さはもちろん劣るのですが、品物に多様性があるので、Aコース1個ではなくて、Bコース2個というのが選べたらいいのになと思ったりもしました。