ι(´Д`υ)アツィー
こんばんは、最近「ミニマリスト」という言葉をネット上でよく見ます。たぶん、物をできるだけ持たないようにしていて、断捨離が好きな人たちなんだと思います。しかも、意識高い系ですよね。お金もあまり使わなさそうです。

最近暑くなってきましたが、持ち物を最小限にして出費を抑えて節約しているミニマリストの皆さまは、もちろんエアコンは持っていませんよね?エアコン使ったら夏はひと月あたり電気代1万円超えるかと思います。

私は別にミニマリストというわけではないのですが、うちにエアコンないんですよね。買おう買おうと思っているのですが、家に工事が必要だし面倒くさくて買わないうちに夏が終わってしまうというのを毎年繰り返しています。

せっかくブログをやっていることもありますし、私が去年までエアコンなしで夏を乗り切ってきた4つの方法をブログに書いてみます。でも、ここ数年、特に関東の暑さは異常なので、私の真似をせず、健康のためにもお金のある方はエアコンをガンガン使っちゃった方が良いかと思います。

エアコンなしで夏を乗り切る方法

1.水で身体を冷やす

滝にうたれる
夏の暑い時に、こんな写真のような滝に打たれたら、ひんやりとして気持ちよさそうですよね。

家に居るときは時々、シャワーなどで、後頭部~首筋、耳の裏側、太ももの内側、膝の後ろ~ふくらはぎ、足の裏などの熱を持ちやすいところを水で冷やすと、少しは楽になりますよ。

2.保冷剤を使う

といっても、常に水浴びしているわけにはいきません。そこで役に立っているのが、お菓子などを買った時にもらえる保冷剤です。ホームセンターや大型スーパーにも売ってるかもしれません。その保冷剤を捨てずに取っておいて、冷凍庫で凍らせておきます。

で、暑い時に、凍らせておいた保冷剤をタオルにくるんで、首の周りに結んでおくとかなりひんやりとして楽ですよ。1時間ぐらいは持つと思うので、何個かあるといいと思います。

3.水分と塩分の補給

当然、汗をかくので、水分と塩分の補給は大事です。こまめに水分を補給しましょう。ポカリスエットや「世界のKitchenから ソルティ・ライチ」などが美味しくてちょうどいいですよ。別に水道水と塩分が入っている飴を舐めるなどでも十分だと思います。

寝ている時にも汗をかくので、寝る前と起きた後は特に気をつけて水分補給したいです。

4.エアコンの効いているところで過ごす

ですが、エアコンのない家の中で暑さを我慢しきれないときもあると思います。そういう時はエアコンの効いている場所に避難してしまいましょう。

できれば、Wifiや電源のあるところがいいですけど、スタバなどの喫茶店や、スーパーのフードコート、マクドナルドなどのファーストフード店とかが値段も手頃でいいかと思います。マックの100円コーヒーで粘りましょう!

家の近くにある施設と混み具合次第なのかもしれませんが、空いている場所を見つけたいですよね。

おわりに

夏の暑さを乗り切るための根本的な方法ですが、涼しいところに移住するのが一番いいのかなと思うのですが、なかなかそうはいきませんよね。北海道の釧路の辺りとか夏でも30度いかなくて羨ましい。。。

ここ数年、特に関東の暑さは異常ですけど、夏はある程度暑いものだと思いますし、エアコンで快適な温度にしすぎるのもちょっと変なような気もします。28度ぐらいの高めの温度でエアコンを設定しておくのが、電気代と健康の兼ね合いからも現実的なのでしょうね。

エアコンなしだと電気代が安くなるのは魅力ですが、熱中症で病院に行ってしまうと、節約の意味がなくなるので、程々にしておきましょうね。