2018年までSBI証券で一般NISA口座を使っていたのですが、2019年からは楽天証券に移して、つみたてNISA口座に変更したいと思ってます。SBI証券と楽天証券のNISAの比較と、手続きの流れを書いておきますね。

SBI証券と楽天証券のNISAの比較

ネット証券の2強と言っても良いSBI証券と楽天証券だと思います。つみたてNISAで購入できる投資信託もどちらも同じぐらい充実していて、著名投資ブロガーも買っているような低コストなインデックスファンドを購入することができます。

SBI証券と楽天証券もポイント制度がありますが、やや違いがあります。

購入時ポイント 購入時ポイント
SBI証券 なし 年0~0.05%
楽天証券 楽天カードクレジット決済で1%(※1) 1月あたり4ポイント/10万円(=年0.048%)

※1・・・楽天カードクレジット決済で投資信託を積立すると1%ポイント還元されるサービスは2018/10/27から開始予定です。
投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!

楽天証券で貯まるのはもちろん楽天ポイントですね。楽天市場などの楽天グループでの買い物などで使えるので便利です。

SBI証券はSBIポイントが貯まります。

  • nanaco(500SBIポイント→500nanacoポイント)
  • Tポイント(500SBIポイント→500Tポイント)
  • JALマイル(900SBIポイント→300JALマイル)

などに交換して使うことができます。nanacoやTポイントに変換できるので、楽天よりもセブンイレブン、イトーヨーカドー、Yahooショッピングなどをよく利用される方はSBIポイントの方が使い勝手がいいかもしれません。
(私はJALマイルを集めているので、JALマイルと交換してます)

SBI証券と楽天証券のNISAの比較の結論としては、どちらも良いと思いますが、楽天カード決済による1%ポイント還元がある楽天証券の方がお得だと思います。

楽天カードをまだ持っていない方は以下のキャンペーンバナーからどうぞ。年会費無料ですし、新規入会+利用で楽天ポイントがたくさんプレゼントされますよ!

SBI証券のNISAを楽天証券のつみたてNISAに移す手続きの流れ

ということで、私も楽天カード決済による1%還元が非常に魅力的に感じたので、SBI証券の一般NISAから、楽天証券のつみたてNISAに移そうと思います。その手続きの流れを書いていきますね。

なお、私は楽天証券の特定口座、および、楽天銀行の口座はすでに開設済みで、楽天カードの引き落とし口座も楽天銀行にしてあります。

楽天証券の特定口座が未開設の場合は、どこかのタイミングで楽天証券に口座開設する必要があるので、もう少し時間がかかると思います。

1.SBI証券に一般NISAを他社に移したいと伝える

SBI証券では他社のNISAへの変更手続きをする画面が無くて、カスタマーセンターに電話してほしいと書かれてました。
参考:SBI証券に開設しているNISA口座を他社に移すことはできますか?

上記のよくある質問のページには「必要書類のご請求はカスタマーサービスセンターまでご連絡ください。」と書いてあります。

しかも、SBI証券のカスタマーサービスセンターは平日の8:00~18:00しかやってないです。平日が仕事の社会人には電話しづらい時間帯ですね。

ですが、お問い合わせフォームからの依頼でもOKだったというブログも見つけたので、私も一旦、お問い合わせフォームから、「SBI証券のNISA口座を2019年から他社に移したいので、必要な書類(金融商品取引業者変更届)を送ってください」と依頼しました。
参考:NISA口座の変更の仕方(SBI証券から他金融機関)

返信が翌営業日に返ってきたのですが、残念ながら、カスタマーサービスセンターに電話しないとダメだということでした。

そのため、2019年分の手続きが開始される10/1になってからカスタマーサービスセンターに電話し、10分ぐらい待たされましたが、翌年からNISAを他社に設けるために必要な書類を私の家に届けてもらうように依頼できました。カスタマーセンターでの電話ではSBI証券の口座番号を聞かれるので、準備しておきましょう。

自分がNISA用語を厳密にわかっていないからか、説明が難しかったです。「今はSBI証券でNISA口座を持っているが、2019年からは他社でNISAを開設したい」という話が伝わればいいと思います。

なお、移動先が楽天証券ということは言わなかったし、聞かれもしませんでした。

2.SBI証券への書類送付(金融商品取引業者等変更届出書)

カスタマーサービスセンターに電話をした3日後、SBI証券から「金融商品取引業者等変更届出書」が送られてきました。必要事項(名前と提出年月日だけですが)を記載して返送しました。

※実はまだ手続き中ですが、今後の予定としては以下のようになるということでブログに書いておきます。手続きが進んでいくにしたがって、記事を更新していく予定です。全部で1~2か月かかるのでしょうか?

3.SBI証券から「非課税管理勘定廃止通知書」が送られてくる

しばらくすると、SBI証券から「非課税管理勘定廃止通知書」が送られてきます。

4.楽天証券につみたてNISA口座申込書類を請求する

楽天証券への、つみたてNISA口座申込書類の請求については、1~3と並行して依頼してもいいと思います。すでに楽天証券に口座を持っているので、Webからポチッとできました。数日後に書類が到着しました。

参考:金融機関登録変更の方法 | NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券

5.楽天証券に書類を郵送する

4で楽天証券から送られてきた、つみたてNISAの口座申込書に必要事項を記載して返送します。

ここで、変更元の金融機関(今回の場合はSBI証券)から入手した、3の「非課税管理勘定廃止通知書」も一緒に返送する必要があります。

6.税務署での審査

楽天証券に書類到着後、税務署での審査が行われます。1~2週間かかるそうです。

7.楽天証券につみたてNISA口座が開設される!

税務署での審査が通ると、楽天証券につみたてNISA口座がようやく開設されます。

1~7で合わせて、1ヶ月かそれ以上時間がかかると思います。2019年1月から始めたい場合は、時間に余裕を持って手続きする必要がありますね。

おわりに

NISA口座の証券会社を変えるのは大変ですね。1年に1回しかできないですし、よく考えて行いたいですね。

楽天証券のつみたてNISAでの積立時に、楽天カードのポイントが1%たまるようになるので、月33,333円積立すると(つみたてNISAの上限額年40万円÷12≒33,333円)、毎月333ポイント貯まることになります。

ただ、SBI証券なども楽天証券への対抗策を打ち出してくるかもしれませんし、慌ててNISA口座の変更をするのではなく、少し様子を見るというのもアリですね。

元々、楽天以外の証券会社をメインに使っている人の場合、楽天証券でつみたてNISAをすることで1%の楽天ポイントを得られるメリットと、複数の証券会社に分かれることで資産管理しづらくなることのデメリットを天秤にかけて判断すると良いと思います。