こんにちは、うちではWindows10のパソコンでもMVNOのmineoのSIMカードを挿したモバイルルーターで通信してます。そのため、通信量の上限に行かないか気をつけながら、0.2Mbpsが上限の節約モードをデフォルトで使ってます。

ですが、ときどきすごくネットが遅くなる時があって、タスクマネージャーで見てみると、microsoft download/upload hostというプロセスがネットワークの帯域を専有していて、それ以外の通信が激遅になってしまうことが頻発します。いつもはタスクマネージャーで右クリックして手で停止していたのですが、いろいろ調べてmicrosoft download/upload hostを無効化する方法がわかりましたよ。

microsoft download/upload hostを無効化する方法

さっそくですが、microsoft download/upload hostを無効化する方法は以下になります。

まず左下のWindowsのマークを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を立ち上げます。

名前のところに「regedit」を入力し、レジストリエディターを立ち上げます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBrokerSvc」を選択します。

「Start」の値を3から4に変更します。
2はOS起動時にmicrosoft download/upload hostが自動的に起動、3は手動でmicrosoft download/upload hostが起動、4はmicrosoft download/upload hostが無効になるそうです。
TimeBrokeSvcのレジストリ

参考・・・https://forums.windowscentral.com/ask-question/375591-why-does-backgroundtransferhost-exe-keep-starting-stopping-ad-infinitum.html(英語)からの引用

I found this solution on the net and it works for me. It seems to be caused by TimeBroker.
Start regedit.exe and navigate to the following entry:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBroker] “Start”=dword:00000003
Change the 3 to a 4 with edit.
Result:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBroker] “Start”=dword:00000004

4 is Disabled, 3 is Manual and 2 is Automatic startup.
Exit regedit and reboot your system.
It doesn’t seem to have any adverse effect and everything seems to be working correctly.

※私のPCだとTimeBrokerというキーが存在せず、TimeBrokerSvcというキー名でした。

これをやった結果、ほとんどmicrosoft download/upload hostが起動してこなくなりました。これでMVNOの節約モードやネットワーク規制になったときでも、パソコンを使えますね。この対処により、Windows updateが自動で行われなくなるので、毎月第2水曜日ごろの定期アップデートでは、手動でWindows updateを行うことをおすすめします。

Windows Defenderを完全に無効化する方法

ただ、上記だけだと、たまにWindows10に付属しているウイルス対策ソフトのWindows Defenderが最新の定義ファイルをダウンロードすることがあって、「サービスホスト:ネットワークサービス」がネットワークの帯域を専有してしまいます。ウイルス対策ソフトは非常に大事ですけど、他のウイルスソフトを入れる人やノーガードでもいいや!という人はWindows Defenderを無効化してしまうというのもありなのかなと思います。

Windows Defenderを完全に無効化する方法は以下になります。
左下のWindowsのマークを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を立ち上げます。

名前のところに「regedit」を入力し、レジストリエディターを立ち上げます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender」を選択します。

右クリックし、「新規」-「DWORD」をクリック

レジストリが追加されるので名前欄に「DisableAntiSpyware」と入力し、新しく作成したレジストリの値のデータ欄に数字の「1」を入力(1:Windows Defenderが無効、0:Windows Defenderが有効。デフォルトの16進数のままで良い)
WindowsDefender無効化

おわりに

私もWindows10とmineo節約モードの相性があまり良くなくて、通信速度が遅くなってイライラする時が多かったのですが、これでかなりマシになりましたよ。節約モードを解除することが少なくなったので、mineoのプランも1段階安いやつに変更できそうです。