こんにちは、2017年6月にイオンカードセレクトを発行してもらったのですが、8月にゴールドカードのご案内のはがきが来ました。イオンゴールドカードセレクトは年会費無料のゴールドカードで、選ばれた人しか発行してもらえないものなので嬉しいです。

イオンゴールドカードのご案内が来る条件について

イオンゴールドカードのご案内が来る条件は、公式サイトだと年間カード利用金額100万円、住宅ローンの利用ぐらいしか公開されていません。

ググって検索したところ、イオン銀行で以下の条件を満たしても良いようです。ただ、どのくらいの期間満たさないといけないかは3ヶ月とか、金額が多ければ期間は短くていいなど色々な説があるようでした。

  • 定期預金の残高500万円以上
  • 投資信託の残高100万円以上

私の場合、クレジットカードとWAONとイオン銀行の口座がセットになっている「イオンカードセレクト」を持っていて、「しっかり運用セットNEO30」で投資信託約105万円と定期預金約245万円を約2ヶ月間預けていました

ちなみに、しっかり運用セットNEOですけど、購入手数料が低い投資信託はしっかり運用セットNEOの対象外になっているため、定期預金の利子よりも投資信託の購入手数料が多くなってしまうと思います。まあ、投資信託が値上がりしてくれれば良いんですけどね(笑)

また、しっかり運用セットNEOは投資信託の割合により、セット30、セット50、セット70の3種類のプランがありますが、投資信託の購入手数料が少なくて済むセット30が一番マシだと思いました。なので、私の場合、しっかり運用セットNEOの対象に入っていて、できるだけ手数料が安い投資信託ということで、イオン・バランス戦略ファンド 【愛称:みらいパレット】をセット30で買いました。イオン・バランス戦略ファンドは値下がりするリスクを抑えた運用をされているバランス型ですね。

※しっかり運用セットNEOの対象内で他にもっと手数料の安い投資信託があったらすみません。

イオンゴールドカードの特典

ゴールドカードご案内のはがきに書いてあるのですが、イオンゴールドカードになると、以下の特典があります。

  • イオン店舗にあるイオンラウンジの利用
  • 羽田空港エアポートラウンジの利用
  • ショッピングセーフティ保険
  • 海外旅行損害保険
  • 国内旅行損害保険

イオンラウンジの利用はイオンの株主優待でもできますね。うちの近くにイオンラウンジがあるイオンがないので私の場合はあまり使えなかったりしますが・・・。

羽田空港のラウンジを使えるというのは大きいですね。初めてのゴールドカードということで、今まで空港のラウンジに入ったことなかっただけに、楽しみです!

ゴールドカードらしく色々な保険も充実してます。ただ国内旅行の方はイオンカードで旅行代金を支払わないと対象にならないです。

終わりに

年会費無料でゴールドカードを持ちたい場合、まずイオンカードセレクトを手に入れて、定期預金か投資信託を預けることでゴールドカードにするというのが良い方法だと思います。ゴールドカードに切り替えた後は定期預金や投資信託を継続しなくても大丈夫ですし。

それにゴールドにしなくても、イオンカードセレクトはイオン銀行の普通預金の金利が0.1%(税引前)なので、おすすめのクレジットカードだと思いますよ。